FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top





ナルミ「えんぴつ放送局第8回!今日のゲストは黒君、くるみちゃん…と、クリス君の三人だヨ!三兄妹がゲストさんなんて初めてだし、僕楽しみだな~(*´∇`*)」

リク「よーし、人数多いからさくさく行くぞー!」

クリス「おー!です(`・ω・´)!!」

ナルミ「やっほークリス君!来てくれてありがとうね♪」

クリス「こちらこそ!またお二人とお話出来て嬉しいです~(^^)今日は黒兄さんと妹のくるみをよろしくお願いします」

リク「じゃ、クリスちょっと紹介してもらってもいいかな。俺ら二人のことほとんど知らなくてさ!」

クリス「了解でっす(`◇´)ゞ…まず黒兄さんですが、兄さんは僕がこちらの世界に来る前に、天界を家出しちゃった天使さんなんです。理由はまだよくわからないんですが、とにかく自分が天使だっていうのが嫌だったみたいで…」

リク「ほー…つまりあれか…」

ナルミ「盗んだバイクで♪」

リク「走り出す~♪」

クリス「…?えーっと…とにかく僕に相談もなかったですし、いきなりのことだったのでびっくりしたですよ…寂しくて毎日泣いていた記憶があります…」

ナルミ「うっ……なんて健気なクリス君( ;;)」

リク「大変だったんだなぁ…」

クリス「あ、いえいえ!寂しいだけじゃなかったですよ!兄さんが家出してから少しして妹のくるみが生まれましたから。元気で可愛いおてんばさんです~(*´∇`*)」

ナルミ「なるほどナルミ☆」

リク「ん?と言うことは黒とくるみはあんまり会ったことないってこと…?」

クリス「そうです~。だから二人はまだ仲良くないと言いますか…ケンカすることが多いです(;´д`)」

「おいクリス!いつまでオレをこんなせまい部屋にとじこめておくつもりだ!!!」

クリス「ヒャッ!!もー兄さん、まだ呼ばれてないのに入ってきちゃ駄目ですよ~」

ナルミ「いいよいいよ!そろそろ呼ぼうかな~って思ってたところだからネ☆」

リク「初めまして!えーっと…クリスのお兄さん…ですよね?」

ナルミ「随分クリス君と雰囲気が違うねー。髪も羽も服も真っ黒!全身黒コーデのイケメンって言う点ではうちの響君と同じだけど、僕は完全に響君押し!!!」

リク「何をアピールしてんだ」

「あー?クリス、なんだこいつら」

クリス「僕のお友だちのリク君とナルミ君です!」

くるみ「お兄ちゃんー!!!あたしも入っていい?」

リク「おぉ、ゲストが続々と…」

ナルミ「やっぱり人数が多いと賑やかで楽しいな♪くるみちゃんはクリス君に雰囲気似てるね~。お兄ちゃんのこと好き?」

くるみ「好き!でも黒いお兄ちゃんは嫌い!!クリスお兄ちゃんいじめるし!ばかだから!!」

「んだとこのチビ!!!」

リク「ままま、落ち着いて…」

「ああ?」

リク「ヒッ!!」

くるみ「ばーかばーか!!!」

クリス「こ、こらー!!二人とも止めなさい!!くるみちゃん、兄さんのこと馬鹿なんて言っちゃ駄目ですよ」

くるみ「う~…」

クリス「よしよし(^^)それから兄さん、あんまり乱暴な言葉はつかっちゃいけません!」

「うっせー!!いきなりこんなところに連れてきやがって!メシも女もいねぇなら帰るぞオレは!!」

クリス「もーっ!!兄さん、今日はラジオ企画に参加させてもらう日ですよーって前々から言っていたじゃないですかーι(`ロ´)ノ!」

「らじお……?」

クリス「…もしかして忘れてたんですか?」

「……クリス、“らじお”ってなんだ?」

クリス「それも前に教えたですよ…」

くるみ「そんなこともわかんないの!!ほんと黒いお兄ちゃんはばかね!!!ばーかばーか!!!」

「あぁ?」

リク「…おやおやおや?ナルミ、なんか俺の予想とは違う空気になってるんだけど…」

ナルミ「思ったより血気盛んな二人だよね!クリス兄妹恐るべし!」

「おいチビ!こっち来い!!口ふさいでやる!!!」

くるみ「やぁよ!!!」

「くそっ!チョロチョロ動き回りやがって……って痛てぇ!!!」

くるみ「フガフガ…」

クリス「あわわわわ…くるみちゃん!お兄ちゃんに噛み付いちゃ駄目ですよー!!!」

ナルミ「…兄妹喧嘩かー、なんだか微笑ましいねリク君」

リク「ほ、微笑ましいか?」

クリス「ご、ごめんなさい!ちょっと外で二人を落ち着けてきます!!!」

リク「大変だなぁ、クリス…」

ナルミ「また三人で遊びに来てね~」

クリス「ほら兄さん、くるみちゃんこっちですよ!…は、はい!!またの機会によろしくお願いします!」


----------------------------


リク「……いやー、俺らほとんど会話出来なかったな(笑)」

ナルミ「ね!こんなにゲストと接触出来ない回があっただろうか!」

リク「とりあえずひたすらクリスが忙しそうだったな(笑)そうだ、次回のゲストって誰だっけ?」

ナルミ「えーっと…エリート君だって」

リク「………誰?」

ナルミ「彼もクリス君と同じく天使らしいけど…」

リク「うーーん?ピンとこないなぁ」

ナルミ「たぶんブログに一回も出てないタイプだね!」

リク「なるほど!」

ナルミ「…ナルミ?」

リク「忘れてた(笑)」

ナルミ「そういうわけだから次回もクリス君に一緒に来てもらう予定だよ!公開日は3月7日でーす☆」

リク「ゲストのプロフィールはそれぞれクリス、エリートって貼っておくな!まだ出来てないプロフィールは公開前には作っておくのでお楽しみにー!」
スポンサーサイト
2013.02.28 Thu l えんぴつ放送局! l コメント (0) トラックバック (0) l top





背中の空いたベストってかっこいいですHX

さて、今日の会話文企画に向けてもうひと頑張りです!


59遅くなりましたがハートありがとうございました59自分でも気に入っていた絵なので嬉しいです!
2013.02.28 Thu l l コメント (0) トラックバック (0) l top





名前:くるみ
性別:女
年齢:
住みか:天界
誕生日:

・クリス三兄妹の長女にして一番下の妹
・ずっと自分の側にいてくれたクリスにはなついているが、黒とは仲が悪い
・怒ると噛み付く癖がある
2013.02.28 Thu l キャラ紹介 l コメント (0) トラックバック (0) l top







名前:黒
性別:男
年齢:
住みか:
誕生日:

・クリス三兄妹の長男
・幼い頃に天界を家出してから自称悪魔として生活している
・いわゆる不良?
・妹のくるみとは仲が悪い
・不真面目かつものを覚えるのが苦手なため極端に頭が悪い
・とりあえずなんでも力業で解決しようとする
2013.02.28 Thu l キャラ紹介 l コメント (0) トラックバック (0) l top







全体を細く見せる洋服ってどう描くんだろう…と思いながら描きました。色は群青、薄桃色の二色でシンプルに(^^)
2013.02.27 Wed l クリス l コメント (0) トラックバック (0) l top







響君を描くのは楽しいです(*^▽^*)
2013.02.26 Tue l l コメント (0) トラックバック (0) l top





私もそのくらいの能力が欲しいものです


ハートありがとうございました( 〃▽〃)59
2013.02.26 Tue l ナルミ l コメント (0) トラックバック (0) l top







好きな色を4色選んで彩色しました。パステルカラーの青、水色、黄色、ピンクが好きです(*´`*)
2013.02.26 Tue l クリス l コメント (0) トラックバック (0) l top







いろいろ難しいです うーん…
2013.02.25 Mon l サブマス関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top







いつもと違うカラーリングにしようと思って描きました。緑が使いたかったのですが…むむむ(´-ω-`)


ハートありがとうございましたO(≧∇≦)O!!
2013.02.25 Mon l サブマス関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top







二人は兄弟ですが…似てないですね(笑)
2013.02.25 Mon l ペア/集合絵 l コメント (0) トラックバック (0) l top







次回のえんぴつ放送局!のゲストの一人です(*´`*)最近ほとんど描いていなかったので、わが子なのにいろいろともだもだしてしまいました6P
クリス、王子と同時期に生まれた古株さんのキャラなのですが出番が少なくてなんだか可哀相…会話文企画をきっかけにもっと描けるようになったらいいな!


ハート、コメントありがとうございました!!遊びに来てくださる皆様にはいつも感謝感謝ですっ!!
2013.02.24 Sun l サブキャラ l コメント (0) トラックバック (0) l top





やっとこさイラスト完成しました!


親バカ会長の杏仁さんに捧げます…!!
2013.02.24 Sun l よそのお子さん l コメント (2) トラックバック (0) l top







杏仁さん宅のハール君です\(^o^)/


ハートありがとうございました(*´∇`*)!!
2013.02.24 Sun l よそのお子さん l コメント (0) トラックバック (0) l top





最近サブマスさんを描こうとすると、高確率でクダリさんになります(´ω`)


昨日はmoumoonさんのライブに行ってきました!透明感のある爽やかな歌声を生で聴くことが出来て幸せです!!
2013.02.24 Sun l サブマス関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top





カイを描くのが難しくてもう…!
2013.02.23 Sat l カイ l コメント (0) トラックバック (0) l top





今日は222(にゃんにゃんにゃー!)の日ですね!


59ハートありがとうございました59ストレートさんはうちの子唯一の美人さんなので嬉しいです(*´∇`*)
2013.02.22 Fri l l コメント (0) トラックバック (0) l top





リク「どもー!えんぴつ放送局第7回目のゲストはストレートさんです」

ナルミ「ストレートさんってあの綺麗な人だよね?僕一度お話ししてみたかったんだ~(*´∇`*)」

リク「うーん俺はなんか緊張しちゃうよ…」

ナルミ「ではでは早速ゲストさんに来てもらいましょう!どうぞ!」

ストレート「こんにちは~」

リク「ど、どうも!リクです!今日はよろしくお願いします!」

ストレート「ふふ、こちらこそ(^^)」

ナルミ「ストレートさんはじめまして!ナルミだよ☆あのね、僕ら貴女がどんな人なのかあまりよく知らないから、かる~く自己紹介してもらっても良いかな!」

ストレート「はい。私はクリス君と同じく天使ですが、今はこうして皆さんの世界に住んでいます。一人暮らしですが、お仕事もしているので毎日楽しいです(^^)」

リク「仕事ってどこで働いてるんですか?」

ストレート「商店街の花屋です」

リク「商店街って言うと俺らの町で一番大きなとこか!あそこはよく行くけど…もしかして俺のこと見たことあります?」

ストレート「はい。いつもお友だちと一緒ですよね(^^)」

リク「やっぱり!わーなんか恥ずかしい!!!」

ナルミ「ねぇねぇ、僕のことは?」

ストレート「ナルミさんはないかしら………あ!ナルミさんってもしかして響さんの主人の方かしら?」

ナルミ「そうだよー!可愛い執事の響君…って、ストレートさん彼のこと知ってるの!?」

ストレート「えぇ、響さんはお店のお得意様ですから(^^)何度かお話もしたことがあって、その時ナルミさんのことを聞いたんです」

ナルミ「響君がこんな美人さんと密会…だと…」

リク「こらこら、お得意様って言ってたでしょ。…それで響はナルミのことなんて言ってたんですか?」

ストレート「元気で優しい、僕の大切な人だと。嬉しそうに話していましたよ(^^)」

ナルミ「ひ、響君……!!!」

リク「良かったな~ナルミ!!」

ナルミ「ううう響君~!!!!僕もだようううう・゜・(つД`)・゜・!!!!」

リク「な、ナルミ~?感動はわかるけど今は仕事中だからね?」

ナルミ「あ、ごめん。嬉しくてつい…(*´`*)」

ストレート「ふふ、今度は響さんとお二人で遊びに来てくださいね(^^)」

リク「そういえば他に俺たちの知ってる人でストレートさんに会ったことある人っているのかな」

ストレート「クリス君はよく遊びに来てくれますよ(^^)」

ナルミ「そっか!ストレートさんとクリス君は天使仲間だもんね!」

ストレート「はい、クリス君とは一緒にお茶したりもします。」

ナルミ「ほう…」

ストレート「本当に優しい子で、私に贈り物をしてくれることもあるんですよ。ここで暮らすのは楽しいと言いましたが、クリス君がそうやって私とよく会ってくれることも理由の1つなんでしょうね(^^)」

ナルミ「ほほう…なるほどだねリク君」

リク「ん?何が?」

ナルミ「えぇ!Σ( ̄□ ̄)何リク君わからない感じ??」

リク「だから何が?」

ナルミ「だからその~…もう!リク君そんなんじゃ女の子にモテないよっ!!!」

ストレート「?どうかしましたか?」

ナルミ「……ま、要約するとクリス君も大変だなぁっていう話です(・ε・ )」

ストレート「そうだ、クリス君と言えば今日は一緒に撮った写真を持ってきたんですよ(^^)何でもこの企画では写真があると喜ばれるとか」

リク「やった!ありがとうございます!!」

ナルミ「見せて見せて~」





ストレート「クリス君がお店に遊びに来てくれた時に撮ったものです。」

リク「おー!!よく撮れてますね!…ん?心なしかクリスの顔が赤いような…」

ナルミ「あ!気付いた?リク君!!」

リク「………風邪?」

ナルミ「No!!!もう!!!君は一回少女漫画でも読んでいろいろ研究するといいよ!!!」

リク「な、なんだよ~さっきから…」

ナルミ「いずれ君にもわかる時が……っていつの間にかもう終わりの時間だ(@ ̄□ ̄@;)!!!」

リク「まじか!!」

ストレート「あら、知らない間に随分と時間が経っていたんですね。リクさんもナルミさんも賑やかで、とても楽しい時間を過ごせましたわ(^^)」

ナルミ「えへー、そう言ってもらえると嬉しいな( 〃▽〃)」

リク「ストレートさん、今日はありがとうございましたー!」


-----------------------------

リク「さーて、次のゲストは誰かな?」

ナルミ「次回のゲストは黒君!!……と、くるみちゃん!!!」

リク「え?二人?!」

ナルミ「正確に言うと三人かな」

リク「??」

ナルミ「あのね、次回来てくれる黒君とくるみちゃんは、なんとクリス君の兄妹なの!!だからせっかくだしクリス君も含めた三人で参加してもらおうと思って☆」

リク「なるほどナルミ!」

ナルミ「わーいリク君に流行った\(^o^)/!!!」

リク「聞いてるうちにつかってみたくなっちゃってさ~…なるほどナルミ(笑)」

ナルミ「その意気その意気!あ、ということで次回は三人のゲストを呼ぶのでよろしくね☆」

リク「プロフィールはそれぞれクリスくるみ
って貼っておくな!クリス以外のゲストはまだプロフィールが出来てないから後程用意しておきます!」

ナルミ「次回の公開は2月28日だヨ!楽しみに待っててね~(*´∀`)/~~」
2013.02.22 Fri l えんぴつ放送局! l コメント (0) トラックバック (0) l top





ナルミ「ごめんなさい!題名から察してくれた人もいるかもですが、今日のえんぴつ放送局!は少し遅れて更新します( ;∀;)」

リク「作者が寝るまでには更新するつもりらしいので、日付が変わって少ししてからかな…」

ナルミ「今回は清楚系美人さんのストレートさんが来るよ!よろしくね(´▽`)6P
2013.02.21 Thu l えんぴつ放送局! l コメント (0) トラックバック (0) l top









名前:ストレート
性別:女
年齢:
住みか:
誕生日:

・クリスと同じく人間の世界で暮らす天使
・皆の憧れ的な美人さん
・商店街の花屋で働いている
・穏やかで静かな人
2013.02.21 Thu l キャラ紹介 l コメント (0) トラックバック (0) l top





可愛いクダリさんを描こうとしたのですが、途中で道を間違えたような…
2013.02.20 Wed l サブマス関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top





サブマスさんたちを描くときに楽しいのは帽子を描くときと、模様の色を考えるときです(*´∇`*)
2013.02.20 Wed l サブマス関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top





少年ランナー。
2013.02.20 Wed l クリス l コメント (0) トラックバック (0) l top





小さい頃の響君は耳と尻尾を触られるのが苦手です(^∀^)
2013.02.19 Tue l ペア/集合絵 l コメント (0) トラックバック (0) l top





響君の子守唄とか聴いてみたいです(*´`*)


59ハートありがとうございました59
2013.02.19 Tue l ペア/集合絵 l コメント (0) トラックバック (0) l top





小さい子のちょっとフォーマルな衣装が可愛いです(*´`*)
でも着てる本人的には窮屈で早くいつもの服に着替えたい!とか思ったりしてそうですが6P

うちの子の中では王子とリクがそんなタイプでした。
ナルミと響は昔からきちんとした服を着ることが多かったのでなれてそうです(^∀^)



59ハートありがとうございました59
2013.02.17 Sun l 絵を描くふたり l コメント (0) トラックバック (0) l top





大きな目が描きたくて。('-'。)
2013.02.17 Sun l その他オリジナル l コメント (0) トラックバック (0) l top







クリスの衣装デザインはとても楽しいです…!!
2013.02.16 Sat l クリス l コメント (0) トラックバック (0) l top







『HUNTER×HUNTER』のキルア君を描いてみました!


ハートありがとうございました\(●^o^●)/!!!
2013.02.16 Sat l その他版権 l コメント (0) トラックバック (0) l top





だんだんと描きなれてきたような…(`・ω・´)!
2013.02.16 Sat l サブマス関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。