FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top





ナルミ「はぁい!皆大好きナルミだよ☆えんぴつ放送局!第4回目のゲストはカイ君に来てもらってまーす\(^o^)/」

カイ「ふん、また面倒な企画をたてたものだな!」

リク「なんでお前は早々にそんなこと言うの!あ、どうもリクです。ほら、カイなんか自己紹介とか挨拶して!」

カイ「リクのくせに私に指図するな!」

ナルミ「二人とも仲良いね~(*´∇`*)」

リク「そ、そう見える?」

カイ「…そもそも“仲が良い”という表現が間違っている。いいか?私は“主人”でこいつは“手下”みたいなものだ。常に上下関係の上に成り立っている。」

リク「なわけあるか!!」

カイ「不満か?そうだな…では“下僕”なんかどうだ?」

リク「さらに悪化した気がする!!!」

ナルミ「なるーん…僕も会話に混ぜてよぅ(´;ω;`)」

リク「あ、ごめん!!!」

カイ「そう言えば自己紹介するんだったか」

ナルミ「そうそう!僕カイ君がどんな人なのか知りたいな(*´∇`*)」

カイ「視線が暑苦しい…そうだな、何を話そうか」

リク「クラスのこととかは?」

カイ「クラスの奴らとはほとんど関わりを持ってないからな。特に話すことはない。…強いて言うなら、クリス、王子、…あとお前となら少しは一緒に行動するが」

ナルミ「なるほどナルミ☆」

カイ「腹立つな…」

リク「そう言えば今日影は来てないのか?」

カイ「あぁ、家に置いてきた」

ナルミ「うーん?ねぇねぇ影って誰?友だち?」

カイ「私の家に居着いてる変な生き物だ。黒くてゆらゆらしている…」

リク「あとオドオドしてるかな。」

ナルミ「(´・ω・`)?」

カイ「まぁとるに足らない奴だから気にするな。」

ナルミ「えぇ~気になるみー!!!」

カイ「知りたかったら直接会うんだな。」

ナルミ「そんなぁ~この前遊びに行ったときはそんなの居なかったよ?」

カイ「隅に隠れていたのかも……ってちょっと待て、私がいつお前を家に招いた!?」

ナルミ「招かれざる客ナルミ(`・ω・´)キリッ!!」

カイ「ふざけるな!お前まさか勝手に…」

ナルミ「入っちゃった☆」

カイ「不法侵入で訴えるぞ!何処から入った!?」

ナルミ「お風呂場の窓!スルリと入り込む僕の勇姿を見せてあげたかったヨ!」

カイ「何が勇姿だ!!風呂場…確かあそこの鍵は壊れてそのままだったな…」

ナルミ「そーでしょ!リク君に聞いて最良の侵入ポイントをチェックしておいたのさ(*´∇`*)」

リク「!?」

カイ「リク、まさかこいつに協力したのか…?」

リク「え、いや……」

カイ「答えろ!!!」

リク「ヒッ!!!ごめんごめん!!!だって本当に侵入するとは思ってなかったんだよー!!!!」

カイ「……口を開けて上を向け」

リク「へ?」

カイ「塩酸流し込む!!!!!」

リク「ギャーーー!!!!!!やめてーーー!!!!!」

ナルミ「ままま、二人とも仲良く~」

カイ「誰のせいだ!!」

ナルミ「ごめんってば~。だってラジオのネタになるかと思ったんだもん!」

リク「や、やっと解放された…。で、ナルミいいネタは見つかったのか?」

ナルミ「それがね~僕の期待してた面白いものはちっとも出てこなかったの(´・ω・`)昔に書いたポエムとか、出せなかったラブレターとか甘酸っぱいアイテムを楽しみにしてたのに…」

リク「まぁカイだしな」

カイ「ふん!目当ての物がなくて残念だったな!」

ナルミ「あ、でも良い写真ゲットしたんだ!見る?見る?」

リク「おおー!流石ナルミ、手ぶらでは帰らない男…!」

カイ「写真なんてあったか…?」

ナルミ「無いならば作れば良い!!じゃかじゃん!!」




リク「え、えーっと……」

ナルミ「カイ君の寝顔写真だよ~(*´∇`*)か~わ~い~い~////」

カイ「やめろ!!!馬鹿!変な目で眺めるな!!」

ナルミ「よく撮れてるでしょ?」

リク「ナルミが撮ったってことはその侵入した時ってことか?」

ナルミ「そーだよ!僕に気付かずぐっすり寝てた!ほんとカイ君って綺麗な顔してるよね~♪」

カイ「綺麗なのは認めるが、お前に言われると虫酸が走る!!クソッ!!このブルーベリー頭め…」

リク「まさか本人が居るときに侵入してたとは…無用心な話だなぁ」

ナルミ「抜き足差し足ワン・ツー・ステップ!」

カイ「貴様らあとで覚えておけよ…」

ナルミ「はい!ではでは名残惜しいですが今日の企画はここまで!」

カイ「終わりか。一刻も早くこの場を去りたい…」

リク「そんなこと言うなよ~。ほ、ほらなんか最後に一言一言!」

カイ「……滅びろ」

リク「ヒッ!!物騒すぎるよ!?」

カイ「…じゃ、ふわっと消えてしまえ」

リク「おぉ…ちょっとソフトに…」

ナルミ「カイ君~また来てね~(*´∀`)ノ」

カイ「ふん!!」


-----------------------------

ナルミ「ねねね、リク君!次のゲストはもしかして…」

リク「うん。ナルミがずっと楽しみにしてた人だよ」

ナルミ「わーい響君だー!!!!キャーー!!!!」

リク「良かったな~。でもあんまりはしゃぎ過ぎんなよ?」

ナルミ「えへへ~善処する(*´∇`*)」

リク「心配だなぁ」

ナルミ「…あのねリク君、僕1つ提案があるんだけど良いかな?」

リク「ん?」

ナルミ「僕ね、響君がゲストに来たら是非ともかわい~く“にゃー”って言ってもらいたいの!猫耳執事だもん!これくらいのサービスしてもいいと思うんだ(`・ω・´)!!」

リク「え!?いや、それ本人は嫌がるんじゃ…」

ナルミ「もちろん僕がただ頼むだけじゃやってくれないと思う!だからね、もしこの記事にハートを1つでも貰えたら響君に“にゃー”言ってもらう!ってことにするの!どうどう??」

リク「なるほど…!セリフはちょっとあれだけど、それ面白そうだな!!」

ナルミ「きゃほーO(≧∇≦)O!!!じゃ、決まりね!みんな~良かったらハートポチっとしてね!!」

リク「ナルミ、ハートもらえなくてもへこむなよ?」

ナルミ「うーん…だ、大丈夫!」

リク「じゃ、響のプロフィールはここに貼っておくな~ちなみに次回の公開は2月7日です!」

ナルミ「みんなよろしくね~(*´∀`)ノ」
スポンサーサイト
2013.01.31 Thu l えんぴつ放送局! l コメント (1) トラックバック (0) l top





今まで妹からもらったイヤホンを使っていたのですが、ちょっと前に壊れてしまって…( ;;)というわけで、ぐるぐる渦巻きのイヤホンを新しく購入!色は前のと同じく水色にしてみましたHX

クリス色…!!

クリスとイヤホンと言えば、昔そんなイラストを描いたことがあったな~と思って、久しぶりに掘り起こしてみました(*´`*)


絵柄が今と微妙に違うな~
4年程前の作品ですが、未だに色と衣装が気に入っています(o^・^o)

ちなみにこの絵を今ささーっと描いてみたらこんな感じになりました。


どうなんだろ、うまくなってるのかな826P昔の絵を描き直したりするとだいたい「これはこれ、それはそれ」的な結論にたどり着きます←
どちらもその時しか描けないものだと思うとどっちもどっちな気がして…

今度またちゃんとしたイラストとして描いてみたいなヽ(´◇`)ノ


ハートありがとうございましたO(≧∇≦)O!!
2013.01.31 Thu l クリス l コメント (0) トラックバック (0) l top





ツインテール!
2013.01.30 Wed l その他オリジナル l コメント (0) トラックバック (0) l top





ノボリ兄さーーん\^o^/!!!!

ハートありがとうございました(`・ω・´)HXHX相変わらずサブマスのお二人がかっこよすぎて辛いです!
2013.01.29 Tue l サブマス関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top







生き生きとした絵が描きたくて。

おやすみなさい~90
2013.01.29 Tue l サブマス関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top







女の子の髮は細く、ゆるふわな感じが好きです(´`)


90ハートありがとうございました( 〃▽〃)90
2013.01.27 Sun l その他オリジナル l コメント (0) トラックバック (0) l top


















痛恨のミス!!
2013.01.27 Sun l 漫画 l コメント (0) トラックバック (0) l top







前に描いた女の子はピンク髮だったので、今日は青くしてみました。


ハートありがとうございました(*^¬^*)!!!
2013.01.27 Sun l その他オリジナル l コメント (0) トラックバック (0) l top







久し振りに響君に燕尾服を着てもらった気がします←
2013.01.26 Sat l l コメント (0) トラックバック (0) l top







白い猫。


たくさんのハートありがとうございました\(●^o^●)/とても嬉しいですHXHX
2013.01.26 Sat l その他オリジナル l コメント (0) トラックバック (0) l top







ピンクの髮って可愛いです(*´∇`*)
2013.01.25 Fri l その他オリジナル l コメント (0) トラックバック (0) l top





リク「どうもー、リクです!今日はえんぴつ放送局3回目の公開日ということで王子に来てもらってます!」

王子「よぉ」

ナルミ「企画の華やか担当ナルミだヨ!やぁやぁ王子君、今日はよろしくね!」

王子「えー…華やか担当が男とかマジありえねー」

ナルミ「大丈夫!僕、女の子に匹敵する輝きを持ってると思うから(`・ω・´)!!」

王子「わけわからん!」

リク「ままま、とりあえず王子自己紹介頼むよ」

王子「リク…お前クラスではいつもへらへらしてんのに…この企画ではなんか頑張ってるんだな。世も末だぜ。」

リク「俺だってたまには頑張るよ!それにナルミって俺達より年下だし、先輩としてやっぱびしーっとリードしなきゃな!」

王子「うん、まぁ頑張れ」

リク「反応うっすい!!!!」

ナルミ「ねぇねぇ早く自己紹介してよー僕もおしゃべりしたい(*´∇`*)」

王子「あーそうだったな…俺の名前は八王子大樹。王子ってあだ名はこの名字からきてる。」

リク「高校では俺と同じクラス!」

王子「あと前に本人から聞いたかもしんないけど、クリスは俺の家に住んでる。」

ナルミ「うん、クリス君も言ってた!」

王子「…お前らちょいちょい間に言葉はさむのやめろ!!俺の自己紹介だっつーのに!」

リク「あ、ごめん」

ナルミ「めんご☆」

王子「ちくしょうめ…」

ナルミ「さて、そろそろ本題入っちゃう?王子君なんか話のネタちょーだい☆」

王子「えー特に無い」

リク「じゃあクリスみたいになんか写真とかは?写メでも良いからさ!」

王子「写メもあんま撮んないしなーなんかあったっけ…」

ナルミ「こらぁ今日はお話する日なんだからちゃんとネタ用意してこなきゃ駄目じゃない(・ε・ )そんなんじゃ女の子にモテないよー!」

王子「………あぁ?」

リク「あ!!ナルミ、それ禁句!!!」

ナルミ「うん?何が?」

リク「王子彼女欲しくても何故かモテないみたいで、その手の話題になると殺気立つんだよー!!!」

王子「………リクお前あとで一発殴らせろ(o^・^o)」

リク「ギャー!!!!ごめん悪かった!!!!」

王子「チクショー!!!世の中の女は何故俺の魅力に気付かない!!!!バーカバーカ!!!!」

ナルミ「おぉ~荒れてるねぇ」

王子「うましか!!!」

リク「王子、大丈夫だって!!!俺も似たようなもんだし!王子は良い奴だから今にモテ期来るって!!!」

王子「………」

ナルミ「そうだよ~モテ期来ちゃう来ちゃう☆80年後くらいに」

リク「まさかの老後!?」

王子「ナルミこの野郎その頭の毛引っこ抜くぞ!!!!」

ナルミ「あ"だだだだだだだ!!!!!冗談だよ~やーめーてー!!!!自慢のナル毛を引っ張るのは止めてーー!!!!」

リク「わーー!!!!王子、今のはただのギャグだから!!暴力反対!!!ストップストップ!!!」

ナルミ「そうだそうだ!くらえナルチョップ!!!」

王子「いってー!!!!」

リク「あわわわわ…ちょ、ちょっと一回休憩はさみまーす!!!!」

-----------------------------
王子「取り乱しました(`・ω・´)」

ナルミ「ごめんなさい;;」

リク「うん、二人が落ち着いてよかった…」

王子「ナルミお前の右ストレート、俺の心に響いたぜ」

ナルミ「王子君こそ、あの時の捨て身のスライディングには驚いたよ…」

リク「何この空気、俺もまざりたい」

王子「そうだ、話のネタだけど俺見せれそうな写メあったわ。」

ナルミ「どれどれ?」

王子「ケータイの機種変したばっかでな。試しに昼休みに撮ってみたんだ。」




リク「あ~あの時のか!」

ナルミ「クリス君とリク君と~あ!カイ君も写ってる(^ワ^*)」

リク「昼飯はだいたい一緒に食ってんだ!カイはすぐ読書始めちゃうんだけどさ~;」

王子「て言うか昼休みに教室に居なかったっりもするよな?」

リク「そうだな、どっか行ってるのかも」

ナルミ「ゲストに来るときはその辺も詳しく聴きたいね!」

リク「あー、ナルミそろそろ終わりの時間みたい」

ナルミ「ほんとだ(´◇`)王子君、今日はほとんど拳で語り合っちゃったね(笑)!」

王子「ほんとにな…あぁ傷が痛んできたような!」

ナルミ「大丈夫?ヒラリとかわし続けた僕は実はたいして痛くない!」

リク「う、うーん、王子いろいろ言いたいことあるかもしんないけど、一言で何かコメントお願いします…!」

王子「コメント?そーだな………じゃリク早く借りたCD返せ。」

ナルミ「えーなぁに、リク君まだ借りっぱなしだったの~?」

リク「忘れてた!じゃあ今日の帰りに返すわ」

リク「………」

リク「…まさかの日常会話!」

-----------------------------

リク「なぁナルミって俺が王子からCD借りてたこと知ってたっけ?」

ナルミ「いや知らないよ?さっきのは面白そうだったから乗ってみただけ~」

リク「ですよね」

ナルミ「ねぇねぇ、次のゲストは誰にする?そろそろ響君を…」

リク「いや?次はカイを呼ぶつもりだよ」

ナルミ「ううー(´;ω;`)響くーん」

リク「まぁまぁ、ちゃんとあとで呼ぶから。」

ナルミ「そだね…!カイ君か~あの子可愛いし、僕楽しみ~♪♪」

リク「可愛いかなぁ…」

ナルミ「じゃカイ君についてのプロフィールはここに貼っておくね♪皆何かカイ君に言いたいことがあったらコメントしてほしいな!きっとセクハラ発言も許される(`・ω・´)!!」

リク「実際に質問するのは俺らだけどな(笑)次の公開日は1月31日です。お楽しみに!」

2013.01.25 Fri l えんぴつ放送局! l コメント (0) トラックバック (0) l top





ナルミ「ごめんね!今日のえんぴつ放送局!ですが、作者がのんびりやってたせいでまだ公開出来ないみたい6P今必死でいろいろやってるみたいだから、日付が変わって少ししたら公開するよー!」

リク「ほんとスミマセン!!!」

ナルミ「あ、こらリク君!ここは僕に任せてて良いから君は仕事仕事~!!」

リク「イエッサー!!!」

ナルミ「そんなわけなので更新はもう少し待っててください~6Pよろしくお願いします!」
2013.01.24 Thu l えんぴつ放送局! l コメント (0) トラックバック (0) l top





おやすみなさい。
2013.01.24 Thu l その他オリジナル l コメント (0) トラックバック (0) l top











組み立てる前のノボリさんの写真です!あぁ見事にバラバラ…(;^_^A

小さいひとマスで1×1mmなので、だいたいひとパーツ小さなもので3~5、大きいもので10~30mmという感じです(´`)ペンで書く部分は必要最低限に抑えてあるので、コートの模様、ボタン等、ほとんどの部品は画用紙を切り貼りして作りました。切り貼りすると紙と紙が重なりあって、小さいながらも立体感が出るのが楽しいです!
3、4枚目の写真は大きさ比較です。だいたい500円玉と同じくらいになりました(^∇^)

小さいは正義!です(`・ω・´)キリッHX
2013.01.23 Wed l サブマス関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top











実はサブマスとシャンデラ、シビルドンは2つづつ作っていました90折角なので4人でトーテムポール!


3、4枚目の写真はサブマスの二人を気合いで立たせてみたものです(^∇^)
2013.01.22 Tue l サブマス関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top











最近ちまちまとブログに載せていたサブマス工作がついに完成しましたー\(^o^)/ワーイ!!

材料は色画用紙、のり、ハサミ、カッター等々!線路点検中のサブマスをイメージしたポップアップカードです(^^)閉じるとモンスターボールになります。細かいパーツが多くてとても楽しく作業できました(*´∇`*)4X

制作中に撮影した写真がまだあるので、これから載せたいと思いますHXHX


90ハートありがとうございます90お陰様でなんとか完成できました(`・ω・´)!!
2013.01.22 Tue l サブマス関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top





完成しそうでまだちょっと遠い…!
2013.01.22 Tue l サブマス関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top









色鉛筆楽しいです。
2013.01.21 Mon l その他オリジナル l コメント (0) トラックバック (0) l top





光の反射で小さな虹が出来ていたので、シビルドンと撮影してみました(´▽`)

さて完成まであとどのくらいかな~6P
2013.01.20 Sun l サブマス関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top







もう一枚響君。


ハートありがとうございました(●^o^●)!!!
2013.01.20 Sun l l コメント (0) トラックバック (0) l top





黄色と水色落ち着く。。
2013.01.19 Sat l l コメント (0) トラックバック (0) l top





次はシビルドンを作らねばー

ねばー\(^o^)/
2013.01.19 Sat l サブマス関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top





涼しげな色が使いたくなりました。
2013.01.18 Fri l その他オリジナル l コメント (0) トラックバック (0) l top





ナルミ「やっほー☆ナルミだよ!今日はえんぴつ放送局2回目の公開日!」

リク「リクです!今回のゲストは作者の看板息子、クリスに来てもらってます!」

クリス「……」

リク「ん?おーいクリス~?」

ナルミ「…あっちゃーこれは緊張しちゃってるね!大丈夫大丈夫!ほら僕らみたいにさ、元気に挨拶しちゃおうヨ☆⌒(*^∇゜)vそれ行けクリス君!!」

クリス「はっ、はいΣ(´□`;)ここここんにちは!クリスです!えーっと…お、王子様の所に居候してます!あ、と…天使です!天使クリスです!!」

リク「おぉ……」

ナルミ「わかりそうでわからない、そんな自己紹介プライスレス」

クリス「すみません!ラジオって初めてで…」

リク「いやー俺らもまだ慣れてないから(笑)」

ナルミ「というか僕らもほぼ初めてだよね?一緒に楽しくやろうよ(^^)」

クリス「うおー!!二人ともかっこいいです…(。´Д⊂)ブワッ はい、よろしくお願いします!!!」

リク「うっし、じゃあサクサク進めるぞー。クリスなんか話のネタとか持ってきた?」

クリス「はい!……えっ…と、えーー…あれ?ん?んん??」

クリス「………」

クリス「あ"ーーーー緊張してお話したいこと忘れちゃいましたー!!!!わああああどうしよう!!!!」

ナルミ「よっしゃクリス君が早速やらかした!!!ほらリク君、ざぶとん一枚持ってきて!!!」

リク「なんで」

ナルミ「面白かったじゃない(`・ω・´)キリッ」

クリス「あ、思い出しました!!最近あったことの写真を持ってきたんですよ~(*´∇`*)」

リク「おー良いな!見せて見せて」

クリス「僕、たまに王子様の為に晩御飯を作ったりするんですけど、昨日作ったお料理がすごく良くできたんですよ(`・ω・´)!!」




ナルミ「わぁほんとだ!!オムライス!すごくきれいに出来てるね~HX

クリス「味もちゃんと美味しく出来ました。王子様にも聞いたらまぁいんじゃね?って誉めてもらったんです(*´∇`*)」

ナルミ「ふふふ、穏やかな日常のひとコマだね☆…さぁてお次の写真いってみよっか☆⌒(*^∇゜)v」

リク「え、いやその前に突っ込むとこあるだろ!!!何この“滅”って!?間違ってもケチャップで書く言葉じゃないよな?」

クリス「あ、それはですね、その時ちょうど王子様が“地球滅亡”の“滅”ってどう書くんだっけ~っと言っていて…」

ナルミ「なるほど、それでわかりやすくオムライスに書いて教えてあげたわけだ(^∇^)」

クリス「はい!ほんとは動物の絵を書こうと思ってたんですけど、スペースなくなっちゃって(;^_^A」

リク「メモ帳とか無かったのか。うーん、やっぱりクリスって面白いな!」

ナルミ「僕は地球滅亡って字を書こうとしてた王子君に笑ったけどね。」

クリス「もう一枚は王子様と一緒に撮った写真です~」




リク「お、よく撮れてるな!王子不機嫌そうだけど(笑)」

ナルミ「とても“王子”って顔じゃないよね!いろんな意味で!」

クリス「そうですか?似合ってると思うんですけど…」

リク「本名は八王子大樹だからな!俺は面白くて良いと思う!」

ナルミ「王子様っていうのは響君みたいなスマート紳士さんに似合うと思うんだけどな…ブツブツ」

リク「さっ…て、名残惜しいけどそろそろ時間だな!」

ナルミ「え~!!僕もっとお喋りしたいヨ!」

クリス「僕もです!…でも時間ならしょうがないですよね(´`)また別の機会に一緒にお話しましょう~」

ナルミ「うん!今度は僕の家に遊びにおいでよ!」

リク「俺とはまた学校でな!クリス、なんか最後に言っておきたいこととかあるか?」

クリス「うーん、えっと…今日はありがとうございました!!お陰様で緊張せずに喋れて、楽しかったです(*´∇`*)」

リク「いえいえ」

ナルミ「クリス君、こちらこそ今日はありがとうね~」



-----------------------------


ナルミ「さて、次のゲストは誰かな?」

リク「次はさっきも話しに出てた王子こと八王子大樹でーす!」

ナルミ「王子君か~素直にお喋りしてくれると良いね!なんか難しい年頃って感じがするし」

リク「俺も同い年なんだけど…」

ナルミ「リク君はリク君だから!」

リク「うーん、それは誉めてるのか?」

ナルミ「じゃあ前回と同じように王子君のプロフィールはここに貼っておくね!何か王子君に質問とかあったらハートかコメントにて受付中だヨ☆」

リク「よろしくお願いします!次回の公開は1月24日だから、楽しみに待っててくれな~」
2013.01.16 Wed l えんぴつ放送局! l コメント (0) トラックバック (0) l top







春からやってくる新任教師という設定で描きました。

好物はカレーパン。
2013.01.16 Wed l その他オリジナル l コメント (1) トラックバック (0) l top





とりあえずノボリさん&クダリさんは完成!

しかしまだ彼らの手持ちのシャンデラ、シビルドンが残っているのでした…!ほんとに予定より時間がかかってびっくり仰天です(@ ̄□ ̄@;)!!


遅れましたがハートありがとうございました♪(*^¬^*)♪
2013.01.15 Tue l サブマス関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top







今日は成人式でした!
振袖は赤い布地に華やかな古典柄(4X´∇`4X)素敵なお着物を着れてそれだけで楽しかったのですが、懐かしいお友だちにたくさん会えて嬉しかったですHX


めでたい日ということで、父が土鍋に鯛飯を作ってくれました!こういう料理は美味しいし、迫力があって良いですね~


支えてくれる人々に感謝しつつ、これからも成長していきたいと思います!
2013.01.14 Mon l 写真 l コメント (1) トラックバック (0) l top





思ったより時間がかかってびっくりです( ; ゜Д゜)アラマ
明日、明後日くらいには完成させたいな~


おやすみなさいAC
2013.01.13 Sun l サブマス関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top







響君とクダリさん。
描いていた時ははこのまま色鉛筆で色を塗ってのせようかなと思っていました。


6Cハートありがとうございます6C
この商品はほんと朝から衝撃的でした(^∀^)6P
2013.01.12 Sat l l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。